法律

相続した預貯金口座の名義変更・解約を行なう

相続した預貯金口座の名義変更・解約を行なう

(公開: 2016年1月14日 (木)

亡くなった方の通帳が見つからない場合は、取引先の銀行を確定することから始めなければなりません。取引銀行と口座番号が分かったなら、次に死亡時の残高証明書を取得します。通常は死亡時の残高が遺産分割の対象となります。しかし、死亡の直前に他人に多額のお金が引き出された疑いがある場合は、取引記録を請求して内容を確認します。全ての調査は1人の相続人の権限で行なえます。

亡くなった方の預貯金については、亡くなった方の相続人全員に受け継ぐ権利があります。ですから、まずは相続人全員をはっきりとさせてからその後の手続を進めていかなければ、いつまでも預貯金を引き継ぐことはできません。相続人をはっきりさせるには、亡くなった方の戸籍謄本や相続人の戸籍謄本を調べます。

その後に預貯金をどのように分割するかを相続人全員で話し合います。話し合いといっても、電話や手紙で意思の確認ができればOKです。法律で決められた相続割合で分けることも、誰か1人が全部を受け継ぐことも話し合い次第で自由に決定できます。ただし、最終的に相続人全員の意見が一致して、協議書に全員が署名と押印をしなければ預貯金を引き継ぐことはできません。

さらに預貯金を引き継ぐための必要書類をそろえます。 預貯金の名義変更や解約は各金融機関によって取扱いが異なる場合がありますが、通常は以下のような書類を窓口へ提出します。 (二度手間にならないように事前に窓口で必要なものを確認しておきましょう。)

・依頼書(取引金融機関の専用の書式)

・遺産分割協議書

・相続関係を証明する戸籍謄本類(亡くなった方の出生から死亡までの戸籍謄本類、相続人全員の現在の戸籍謄本)

・相続人全員の印鑑証明書

必要書類を全てそろえたら、窓口へ提出します。戸籍謄本等は原本を渡してしまうと、他の手続で使うときに困るので、コピーを渡すようにして原本は返してもらいましょう。書類の提出は代理人でもできますが、通帳や権利の証明書は本人しか受け取ることはできません。相続手続きを自分で